ラジコン入門

ラジコンのボディ塗装の基本

ラジコンのボディ塗装の基本

ラジコンのボディには、透明なポリカーボネート製と不透明なABS製があります。 ラジコンのボディ塗装は、この素材によって方法が違います。
ポリカーボネート製のボディ塗装の基本は、裏側から塗っていきます。 裏側から塗る理由は、ラジコンを操作中にボディに傷が付いても、ボディ塗装が剥がれないようにするためです。 表にボディ塗装を施していると塗装が剥がれて目立ちますが、裏から施していれば塗装が剥がれることはありません。 ついてしまった傷はヤスリなど削れば、綺麗に消すことができます。
ただしラジコンのボディ塗装をする前には、洗浄をしなければいけません。 洗浄をしないと塗料の食いつきが悪く、綺麗に塗装することができません。 塗装前に洗浄をするのは、ポリカーボネート製でもABS製でも同じです。
またラジコンのボディ塗装をするときには、濃い色から薄い色を塗ってください。 塗るときには、まだらにならないように均等に塗っていくことも基本です。

Valuable information

教習所で合宿をする
https://www.shinshu-ina.com/

最終更新日:2016/6/1

 

 


→TOP

Copyright(C) 2009 ラジコン入門 All rights reserved.